2018年04月01日

コツを覚えれば素人でも簡単

外壁や内装の漆喰仕上げはモダンでお洒落ですが、職人さん経験を要する仕事です。
クロスと違って、失敗したときの補修は素人では取り返しのつかない事になってしまうこともあります。
それでも自分でやってみたいという人にお薦めなのが「ジョリパット」です。
色も豊富で作業も簡単でコツさえ覚えればプロ並の仕上がりが期待出来ます。
まず、最初は面積の少ない壁で実践するのが良いと思います。

僕は、営業スタッフなので職人ではありませんが、オーナーさんの自己責任(笑)ということでカフェのアプローチの手摺の壁(写真)を塗りました。
ジョリパットは、通販で7000円位。コテはホームセンターで300円の物を購入しました。
盛板という漆喰を載せる板は、買うとそれなりの価格なのでホームセンターの端材を200円で購入して端材の角材を取り付けて作りました。

手軽に出来るDIYですが、失敗するとプロに補修を頼むようになることもあり、余計に費用がかかることもありますから、目立たない箇所から挑戦することをお薦めします。

2018040309180000.jpg




posted by 観葉植物が好きなおじさん at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182863066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック